知覚過敏の原因とメカニズム - しみるような歯の痛みは注意

歯痛読記 - 歯が痛い時に読む歯痛のための読本
トップへ戻る
  • 歯痛読記トップへ
  • 虫歯と歯痛
  • 歯周病と歯痛
  • 親知らずと奥歯の痛み
  • 知覚過敏と歯痛
  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 歯の痛みを和らげる方法
  • 痛み止め・薬の正しい飲み方
  • ドライソケット
  • 突然治まる歯の痛みと神経

インプラント京都デンタルケアのインプラント治療は高度なCT機と豊富な実績経験で安全なインプラント治療の万全な体制が整っています。他院で断られた方も当院にご相談下さい。

【知覚過敏と歯痛】

知覚過敏は歯の悲鳴?

冷たい物が歯にしみる知覚過敏は、嫌なものです。しかし、常に痛む訳でもないので、我慢をされる方も少なくないようです。

しかし、知覚過敏には様々な原因が考えられます。中には、直ちに治療が必要なものもあるので、我慢し続けることは決してよくありません。

知覚過敏が発生する理由と、その原因について考えてみましょう。

知覚過敏が発生するメカニズム

健康な歯であれば、その表面のほとんどは「エナメル質」によって覆われています。エナメル質は人体の中で最も硬い部分であり、神経も通っていません。

一方で、エナメル質はとても割れやすい為、丈夫な支えが必要になります。比較的柔らかい「象牙質」がその役割を持っており、歯の大部分は象牙質で作られています。

この象牙質に与えられた刺激は、神経に伝わります。表面のエナメル質が何らかの理由で剥がれ露出した象牙質への刺激が「知覚過敏」という症状として現れるのです。

知覚過敏の原因

象牙質が露出する原因は、色々と考えられます。

虫歯

虫歯の初期症状として、知覚過敏が現れます。

歯の表面にあるエナメル質が、虫歯に侵食されることで、内部の象牙質が外に露出してしまうのです。虫歯は自然治癒することなくこのまま侵食を続け、歯の神経まで到達することになります。

最悪の場合、抜歯することになりますので、虫歯による知覚過敏はすぐに治療をする必要があります。

乱雑な歯磨き

大半の方が、歯磨きを日課としているでしょうが、その歯磨きも、やり方が悪いと歯を傷つけることになります。

エナメル質は大変丈夫な材質ですが、脆い一面もあります。ブラッシングの圧力が強すぎると、細かい傷が付いてしまいます。この細かい傷が蓄積すると、内部の象牙質を露出させてしまうことがあるのです。

また、使用している歯磨き粉に問題がある場合もあります。歯磨き粉には、歯の表面を滑らかにする「研磨剤」が含まれているものが大半ですが、量が多すぎると、やはり表面のエナメル質を削ってしまう場合があります。

ブラキシズム

ブラキシズムとは、歯ぎしりや噛みしめなどの、悪癖の総称です。

実は、ほとんどの方はブラキシズムをしてしまう傾向にあると考えられており、特に就寝中は、力の抑制が働かず、歯の表面を削るどころか、欠けてしまう場合もあるのです。

ブラキシズムの原因は、噛み合わせやストレスなど、多岐に渡ります。当院でも治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

歯茎が下がっている

歯周病の進行や、無理なブラッシング、加齢などにより、歯茎は下がります。歯茎の中がむき出しになると、象牙質が表面に晒される場合があります。

歯茎が下がるほどの歯周病となれば、かなり進行していることが伺えます。歯周病でなかったとしても、歯茎が下がるほどのブラッシングはとても危険ですので、すぐに対処しなければなりません。

知覚過敏が出たらご相談を

知覚過敏の症状が現れるには、それなりの理由があります。すぐに対処をすれば、数ヶ月も治療のために歯科へ通院しなければならない事態を、避けられるかもしれません。

ただの知覚過敏だからと我慢せずに、歯科医に相談するのがベストです。


Copyright (C) 2014 歯痛読記 All Rights Reserved.