虫歯ではない歯の痛みの原因となる歯ぎしり・食いしばり(ブラキシズム)

歯痛読記 - 歯が痛い時に読む歯痛のための読本
トップへ戻る
  • 歯痛読記トップへ
  • 虫歯と歯痛
  • 歯周病と歯痛
  • 親知らずと奥歯の痛み
  • 知覚過敏と歯痛
  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 歯の痛みを和らげる方法
  • 痛み止め・薬の正しい飲み方
  • ドライソケット
  • 突然治まる歯の痛みと神経

インプラント京都デンタルケアのインプラント治療は骨量の少ない方への治療や歯周病で歯を失ってしまった方の治療も歓迎致します。日常のケアの適切なアドバイスと治療後のメンテンナンスも含めご提案致します。

【歯ぎしり・食いしばり】

虫歯もないのに歯が痛い?ブラキシズムとは

ぎりぎりと不快な音を立てる歯ぎしりですが、「自分にはそんな癖はない」とお思いの方は多いでしょう。

しかし物事に集中している時や、睡眠中などの歯ぎしりや噛みしめは、自分で気付くのは難しいものです。まして音を出す事のない噛みしめは、周囲の人から指摘してもらう事すらできません。

「ブラキシズム」と呼ばれるこれらの行為ですが、歯科においては、歯を傷つける可能性のある重要な問題なのです。痛みの原因ともなるブラキシズムとは、どのような現象なのでしょう?

ブラキシズムが歯に影響を与える?

ブラキシズムとは、ものを食べたり、会話をしたりとは無関係に、無意識に歯を強く噛みあわせるような行為の事です。ごりごりと、音を立ててこすり合わせるケースや、逆に音を立てずに、ただ強く噛みしめるケースがあります。

歯は、人体の中で最も硬い部位ですが、ブラキシズムの程度によっては、歯の表面が削ぎ落とされたり、欠けたりすることがあります。歯の詰め物や被せ物を破壊してしまう場合もあります。

その他にも、虫歯もないのに冷たいものがしみたり、痛みが出たりなどします。歯茎にダメージを与えることで、歯周病を進行させる大きな原因になっているとも考えられています。

人によっては、肩こりや頭痛などの原因ともなっているブラキシズムですが、実は半数以上の方が、ブラキシズムをしていると言われています。

あなたもブラキシズムをしているかもしれない?

ブラキシズムは、無意識に行われている場合がほとんどです。特に睡眠中のブラキシズムは、抑制が働かないため、歯を砕くほどの強い力をかけてしまいます。

睡眠から目覚めた直後や、一つの事に長時間集中した後などに、歯や顎の疲れ、だるさ、痛みが残る場合は、ブラキシズムをしていた可能性があります。

虫歯もないのに、歯が痛い場合は、ブラキシズムの可能性が大きいと考えられます。

ブラキシズムは、虫歯や歯周病といった病気とは違いますが、原因を解決しなければどんどん悪化していきますので、しっかり治療を行わなければなりません。

歯科でご相談がベスト

ブラキシズムについては、歯科で相談が可能です。

歯並びに問題があり、局所的に歯がぶつかるような場合は、噛み合わせの調整を行います。歯への負担を軽くするため、マウスピースを作成することもできます。

虫歯の心当たりがないのに歯が痛む場合は、ブラキシズムの可能性があるので一度歯医者で相談してみましょう。


Copyright (C) 2014 歯痛読記 All Rights Reserved.