【歯の痛みを和らげる方法】突然の歯痛…応急処置は?

歯痛読記 - 歯が痛い時に読む歯痛のための読本
トップへ戻る
  • 歯痛読記トップへ
  • 虫歯と歯痛
  • 歯周病と歯痛
  • 親知らずと奥歯の痛み
  • 知覚過敏と歯痛
  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 歯の痛みを和らげる方法
  • 痛み止め・薬の正しい飲み方
  • ドライソケット
  • 突然治まる歯の痛みと神経

安全なインプラント治療は高度な機器(CTなど)・設備と豊富な手術経験が大事です。インプラント京都デンタルケアは豊富な手術経験がある専門医と最新の治療設備・衛生管理が徹底されたインプラント手術専用の手術室があります。

【歯の痛みを和らげる方法】

突然の歯痛…応急処置は?

歯の痛みとは、当事者の意思に関係なく、突然現れてしまうものです。仕事で身動きがとれない時や、就寝の前など、歯科医院へすぐに駆け込めないような状況はいくらでも考えられます。

このような時の為に、突然の歯痛を抑える方法をこちらでご紹介します。くれぐれも気をつけていただきたいのは、あくまでも応急処置なので、後に必ず治療を行わなければいけません

常備しておきたい鎮痛剤

ご家庭や職場では、何らかの常備薬があるかと思われます。頭痛薬は、歯痛にも効果を期待できるものがあります

ロキソニンSは、歯科ではよく処方されている痛み止めであり、その効き目は折り紙つきです。医師の処方箋が無くとも、薬局やドラッグストアでの購入が可能です。

今治水は、古くからある歯痛薬であり、現在でも販売されています。虫歯へ直接塗りつけて使用します。虫歯の種類によっては、不思議と痛みが引いてくれます。

今治水でも痛みが引かない場合は、虫歯により歯の神経が侵され、歯根に膿が溜まっているかもしれません。このような痛みの場合は、今治水では効果がありません。

今治水と同様に、腹痛のお薬である正露丸にも、同様の効果があり、そのまま歯に詰めて使用することができます。いずれも、歯の痛みを一時的に和らげるだけのものであり、治療を進めるものではありませんので、ご注意ください。

患部を冷やす

歯痛は、血流が神経を圧迫することで、より強い痛みとなります。患部を冷やして、血の巡りを緩める事により、痛みを和らげることができます。

おでこに貼るタイプの、解熱用のシートを患部表面に貼り付けることはとても有効です。氷枕も効果的ですが、冷やし過ぎないよう気をつけましょう。

ただし、氷を口にするなどで歯を直接冷やす行為は、注意が必要です。虫歯の進行状況によっては、冷たさに反応し、しみる場合があります。

逆に、激しい運動をして体温を上昇させたり、熱いお風呂やシャワーを浴びたりすることは、歯の痛みをより強くしてしまいます。

食べ物に気をつける

虫歯が痛む時は、硬いものはなるべく避けた方が良いです。歯に力がかかると、神経を圧迫することで痛みが発生します。食べ滓などが歯や患部に挟まる事でも、神経を圧迫してしまいます。

その他、辛い食べ物など刺激のあるものは、控えましょう。血行が良くなることで、歯痛が激しくなります。

治療を必ず行いましょう

歯の痛みとは、虫歯を知らせるSOSサインに他なりません。これらの応急処置により痛みを和らげることは、このSOSサインに対し、耳を閉じてしまうという事です。

しっかり治療をしなければ、虫歯は悪化し続けます。痛みが悪化する前に早目に歯医者で治療を行いましょう。


Copyright (C) 2014 歯痛読記 All Rights Reserved.