歯髄炎と虫歯 - 突然治まる歯の痛みは神経が死んでしまった可能性も

歯痛読記 - 歯が痛い時に読む歯痛のための読本
トップへ戻る
  • 歯痛読記トップへ
  • 虫歯と歯痛
  • 歯周病と歯痛
  • 親知らずと奥歯の痛み
  • 知覚過敏と歯痛
  • 歯ぎしり・食いしばり
  • 歯の痛みを和らげる方法
  • 痛み止め・薬の正しい飲み方
  • ドライソケット
  • 突然治まる歯の痛みと神経

インプラント京都デンタルケアは沢山の症例と数々の難症例をこなしてきたインプラント治療の専門医院です。患者様のお口の中の状態を把握し最適な治療方法のご提案と最新の設備と豊富な実績でより安心・安全治療が可能です。

【突然治まる歯の痛みと神経】

歯の痛みが突然消えたのは、悪化している証拠です

極端に悪化した虫歯は、とても強く痛むものです。それでも治療を行わず悪化させ続けた場合、その痛みは突然無くなることがあります。

これで、少なくとも痛みから開放された訳ですが、決して虫歯が治った訳ではありません。しばらく後に、より強い痛みとして現れます。その瞬間、歯の中ではどんな事が起こっているのでしょうか?

末期直前、突然痛まなくなる歯髄炎とは?

歯に大きな穴が空くほどまでに虫歯が進行した場合、それは歯髄炎となっているかもしれません。

それぞれの歯一本一本には、神経が通じています。歯の中でも、神経の通り道となっている箇所は「歯髄」と呼ばれており、虫歯がこの歯髄にまで達してしまった場合に「歯髄炎」となります。

虫歯でもかなり症状が進行しているため、直ちに治療が必要な状態ですが、冒頭で述べているとおり、突然この痛みは無くなります

歯髄炎とは神経そのものが侵されている状態であり、この症状が続くと、神経が壊死してしまいます。痛みを伝えていた神経が機能しなくなることにより、痛みが無くなるのです。

当然のことながら、治った訳ではありませんので、かならずご来院ください。さらに進行させてしまうと、歯そのものを抜くことにもなりかねません。

さらに放置してしまうと?

痛みが無くなるまで歯髄炎が進行した場合であっても、決して虫歯は治らず、悪化し続けます

歯髄を侵食した虫歯は、歯の根元「歯根」にまで到達し、膿を発生させます。この歯根の膿は、周囲の歯茎の神経を圧迫することで、これまでを超える、強烈な痛みを発します。

この状態は、抜歯するかどうかという判断が必要になるほどです。歯を残すにしても、治療のため、複数回の通院が必要となります。

歯髄炎にまで進行した場合は痛みで分かる

虫歯は、その段階により痛みの種類が変わります。

最初期には知覚過敏という、冷たい物にしみる程度の痛みですが、ある程度進行すると、冷たい物に加え、甘いものを噛んだ時などにも、痛みが出ることがあります。

これがさらに進行すると、熱いものに対して痛みを感じるようになります。何もしてなくても痛みが長時間続くこともあります。この状態が歯髄炎であり、ただちに治療しなければ痛みがなくなり、治療機会を失うことにもなります。

歯は一生ものです

永久歯は、その名の通り一生使い続けるものです。虫歯が突然、痛まなくなる症状は、かなり進行している証拠なので、必ず治療を行いましょう。


Copyright (C) 2014 歯痛読記 All Rights Reserved.